Month: 12月 2015

ポゼットは交感神経系を抑制するクスリです

ポゼットは早漏改善の治療薬であり、そのメカニズムは交感神経系の抑制にあります。
塗り薬やスプレーなどはペニスに直接使用して鈍感にするものが多いですが、飲み薬のポゼットは交感神経系を抑制して自律神経のバランスを整えるクスリなのです。
SEXの快感はペニスではなく、脳が認識しているものです。
脳が興奮状態にあると射精コントロールができなくなり、思わぬタイミングで暴発するのです。
ピストンの動きを調整して射精を遅らせることができる状態はまだ軽症だと考えていいでしょう。
重度の早漏になると、それすらも行えなくなります。
気がついたら射精をしているという感じです。

気持ちのよいSEXに欠かせないのは、副交感神経系を優位に立たせることなのです。
イライラしている状態でSEXをしても、あまり気持ちよくないものです。
明日の仕事に行きたくないと不安を抱えてSEXをするよりも、休日前夜のSEXのほうが楽しめるでしょう。
心身が緊張している状態はSEXをする環境としては好ましくないのです。
自律神経の乱れによる早漏には、ポゼットが非常に役立ちます。
30mg、60mg、90mgの3タイプのクスリが用意されており、症状に合わせて選ぶことができます。
軽度なら30mgでも十分に作用してくれますが、60mgを購入して二分割して飲むと安上がりになります。

ポゼットを服用すると、早漏の不安が軽減するのがわかるはずです。
心身を落ち着けてくれるクスリなので、緊張による早漏にも効果的なのです。
早漏はペニスに問題があると考える方が多いですが、実際は脳の状態が大きく関係してきます。
SEXをする前には心身を落ち着けるために、不安要素は考えないようにするのも大切です。